本文へ移動
やさしい心、
感謝する心が育ちます。
子どもたちは、この世にかけがえのない存在として生まれました。
子どもたちは、育ちゆくすばらしい「いのち」の種を宿しています。
ひとりひとりが、その「いのち」を輝かせるために、生まれてきたのです。

今月の聖句

しかし、イエスは言われた。「子供たちを来させなさい。わたしのところに来るのを妨げてはならない。
天の国はこのような者たちのものである。」   (マタイによる福音書19章14節)

園長先生からの今月のメッセージ

ご進級、ご入園 おめでとうございます。 
子どもたちを待ちかねていた園庭の桜が花吹雪となって進級、新入園の子どもたちをお祝いしてくれています。 
2024年度、年少ぐりぐら22名、年中ハリー20名、年長エルマー24名の子どもたち、そして昨年度と変わらない職員ですずらん幼稚園の1年がスタートしました。 また今年度からは体育あそびの中久保 尚志(ひさし)先生もお迎えします。子どもたちも先生たちも「知覚動考ともかくうごこう」と元気に体を動かす楽しさや体、心、頭を使って一緒に遊ぶ喜びを味わっていきたいと思います。 子どもたちがそれぞれの家庭から送り出してもらい、幼稚園という場でお友だちと様々な体験を積み、一人立ちしていくお手伝いをするのが幼稚園の役目ですが、今年度は若い先生たちも一人でクラスを運営し、今まで身に付けてきた保育の力を更に磨いていきたいと思います。その先生たちの一人立ちのサポートを他の職員で行いつつ、子どもたちの安全や成長をみんなで配慮し見守っていきます。毎日の保育が充実し、子どもたちの笑顔が溢れ活き活きとした園生活が送れますようTEAM SUZURANのロゴのごとく一致団結して円滑な園運営を心掛けていきたいと思います。保護者の皆さまには安心して、若い先生たちの成長を温かく見守っていただけたら幸いです。
 さて日曜学校では3月31日がイースターでした。出席した子どもたちは旧クラスで、卒園したばかりの子どもたちも小学科の礼拝でイースターをお祝いしました。それぞれお祝いのお菓子と春の鉢花をもらって帰りました。7日の進級式にも1年間日曜学校にがんばって来た子どもたちにプレゼントが渡されました。 
イエス様が私たちの為に十字架にかかって亡くなられ、また復活してくださった喜びは、かたい卵からひよこがかえる様子にたとえられます。また生命力旺盛なうさぎもイースターのシンボルです。めぐりきた新しい春、復活の新たな命の息吹に満たされて、子どもたちとの日々を祈りをもって丁寧に紡いでいきたいと願います。 今年度も保護者の皆さまのご協力とご理解をどうぞよろしくお願いいたします。(園長 髙田敦子)

すずらん幼稚園の新着情報 NEWS&TOPICS!!

学校法人西宮中央教会学園
すずらん幼稚園

〒662-0832
兵庫県西宮市甲風園2丁目
4番15号
TEL.0798-65-1166
FAX.0798-67-4561

0
9
0
7
7
9
TOPへ戻る