本文へ移動
やさしい心、
感謝する心が育ちます。
子どもたちは、この世にかけがえのない存在として生まれました。
子どもたちは、育ちゆくすばらしい「いのち」の種を宿しています。
ひとりひとりが、その「いのち」を輝かせるために、生まれてきたのです。

園長先生からの今月のメッセージ

 10月21日(金)に行われたプレイデイでは、さわやかな秋晴れのもと、子どもたちも保護者の皆さまも気持ちよく体を動かすことができました。それぞれの学年の競技の中に子どもたち一人一人の成長ぶりを見ることができ、深い喜びと感動を与えられました。大縄を跳んでいる保護者の皆さまも、躍動感にあふれてマジかっこよかったです。
 『バカの壁』等の著書で有名な解剖学者の養老孟司先生が、朝日新聞の「私たちはなぜ学ぶのか」という連載の中で、「体を動かし得た経験から学ぶことが大切だ」と述べておられました(10月26日朝刊)。私たち人間の活動の大部分は、「意識」に基づいています。しかしこの世界は、論理一辺倒や人の意識だけでできていません、すべてのものごとを言葉にできるとは限らない。言葉や論理に簡単にできないけれど、大切なことがたくさんある。そんな意識化されないものごとを感じ取る力が、体を動かし経験することによって身につくのだと言われるのです。そしてその例として、今もご自身が続けておられる昆虫採集を挙げて、次のように言われています。「虫を知ろうとすると、植物や地質も知らなくてはいけないから自然への関心がわく。天気、風、湿度にまで感覚が広がっていく。意識化されない、ものごとを感じ取る力が身につきます。」
 秋は体を動かして様々な体験をするのによい季節です。外に出て、色んなことに関心を向け、知らなかった世界がどんどん広がっていくのを、ワクワク体験したいと思います。(園長 藤田浩喜)





すずらん幼稚園の新着情報 NEWS&TOPICS!!

学校法人西宮中央教会学園
すずらん幼稚園

〒662-0832
兵庫県西宮市甲風園2丁目
4番15号
TEL.0798-65-1166
FAX.0798-67-4561

0
7
7
5
3
3
TOPへ戻る