本文へ移動
やさしい心、
感謝する心が育ちます。
子どもたちは、この世にかけがえのない存在として生まれました。
子どもたちは、育ちゆくすばらしい「いのち」の種を宿しています。
ひとりひとりが、その「いのち」を輝かせるために、生まれてきたのです。

園長先生からの今月のメッセージ

 NHKの朝ドラで「ちむどんどん」をやっています。多忙な保護者の皆さんはご覧になっていないかも知れませんが、比嘉優子さんという4人の子どものお母さんを、仲間由紀恵さんが演じています。このお母さんですが、特に長男の賢秀には「甘々(あまあま)」で息子が成功の見込みのない事業を始める時も、周囲のだれもが反対しているのに、親戚や知人に頭を下げ回ってお金の工面をしてやるのです。そんなことが何度も繰り返されるのです。
 先週のファミリー礼拝で、わたしは子どもたちや保護者の皆さんに『まよえる小羊』という絵本を読みました。その絵本の後半に、財産を分けてもらって父親のもとを飛び出した弟息子と父親の話がありました。弟息子は都会で遊びつくし、全財産を使ってしまいます。さすがに反省して、雇人の一人にしてもらう覚悟で父のもとに帰ります。ところがこの父親は、「いなくなった息子が帰ってきた!」と喜び、息子に最上級の着物をきせ、息子のために大宴会を開いてやるのです。何という「甘々(あまあま)」な父親かと思います。息子が雇人の一人として出発するというなら、そこから始めるべきだと思います。しかし、主イエスは、この「甘々(あまあま)」な父親こそ、天の父なる神さまの姿なのだと言うのです。
 考えれば、私たちもどんなに多くの心配を親にかけてきたことでしょう。数えきれない失敗をしでかし、その度にしりぬぐいをしてもらいました。親の愛情は引き合いません。常に支払い超過です。しかし、愛の支払い超過の中で人は成長し、再生していくのでしょう。(園長 藤田浩喜)



すずらん幼稚園の新着情報 NEWS&TOPICS!!

学校法人西宮中央教会学園
すずらん幼稚園

〒662-0832
兵庫県西宮市甲風園2丁目
4番15号
TEL.0798-65-1166
FAX.0798-67-4561

0
7
2
4
4
1
TOPへ戻る